新潟 午前水無川 午後清津川

                     2009-06-06

 

よしひさくんと2009年シーズン初渓流。

6月に渓流は去年に続き、2回目。

今まで6月の第一週の土曜日は、釣りなんてとんでもない。

なぜなら次の日の日曜日は、その1年の天国と地獄が決まる、運命の試験の日だからだ。

去年と今年は希望者だけが対象で、今年ははるっぴ辞退なんで釣りって事で・・・。

夜中三時半に、熊谷のよしひさくん実家で待ち合わせ。

天気予報を携帯で確認し、水上より新潟に決め向かう・・・。

インター出口料金所・・・ETCが 「ぽ〜ん、料金は1000円です」。

「おお、1000円初体験♪」

6時半位到着・・・一番上には車が一台、あきらめて少し下から入渓。

 

よしひさくんはルアーをセット、すっかりフライとの2刀流。

はるっぴはフライのみ・・・で、きました。

前半10分位の時、バシャ!! 

 

20センチ位でした。

 

よしひさくん、「あの辺り投げてみ?」

で、「バシャ!!」

20センチ位かな? 

 

午後は清津川に移動。

車が2台・・・もうしょうがない、来てしまったし入るしかない。

いつもは始めない辺りから開始。

したら立て続けに、

10センチ位、小さい・・・。

でも・・・小さい事は気にしない、それワカチコワカチコ〜!

 

20センチ位だったかな?

3匹目は手元でバラしてしまった。

 

やっぱり清津川は谷が深く、なんとなく怖い川って印象。

向こう岸に渡らないといけない時、あまりの流れの強さに何度気合を入れた事か。

その代わり、よしひさくんがルアーで、尺超えのイワナを2匹釣ったらしく、

魅力の川なのかもしれない・・・。

 

帰りの車では、中学2年生の先生のモノマネで大爆笑。

「みなさんはですですねぇ〜〜」

大石先生です・・・迷惑かけましたけど、やさしい先生でした。

今どうしてるか知ってる方いたら教えてください・・・もういいおばあちゃんかなぁです。

 

釣りの写しん〜へ戻る