コイ釣り場探し〜利根川

                     2010-05-19

 

   今年に入り2、3度ほど例の場所、北川辺のいつもの所に行き、竿を出していた。

だけど・・・・・釣れない。 10時位に竿を出し、5時位にはしまってしまうのでは待たなすぎかもしれないけど、それでもひとつ位は

来てくれても・・・メインの渓流釣りに移行出来ないではないか(泣)。

 

自分が探す釣り場の条件(他の人もそうかも?)は、竿の近くに車を置ける事、足場が安全な所である。 贅沢を言えば、川に何らかの変化

のある所・・・ なのだ。 で、 いつもの北川辺は利根川沿いを、妻沼、太田、大泉〜行田、加須、羽生で探しているうち見つけた所。

(利根川って竿を出せる所、少ないんかな?)

渡良瀬川だけど、1キロ先では利根川と合流する。 合流する1歩手前の場所ということで大きいのも居るはず。

北川辺まで行くのに1時間はかかるけど、川に何らかの変化は無くても、周りに釣り人が少なく、静かに鳥の声を聞きながらのんびり

コイのあたりを待てる所なのである。

 

で、今日は水曜日、代休である。 あらかじめ 「iPhone」 で利根川の気になる所をチェックしておいた場所に行ってみる。

そこは車で入ってはいけるけど、竿を出したとすると車まで100メートルになってしまうのであきらめ、近くを探す。

最近の土手はなんでしょう? 車を入りにくくしているんでしょうか? やっと入れたとしても入った所からしか出られない・・・。

 

そんなこんなで、やーっと竿を出せる利根川ポイントを発見、行田辺り・・・。

とりあえず2本だけ竿をセットし、当たりを待つ。

1時間ほど経ったころ・・・  

                                                      ↓

 ↑

 分かります? 向こうの方、ジェットスキーかなんかが始まりました。

向こう岸に車3台位止まっているなと思ったけど、釣りじゃなくジェットスキーだったとは(泣)。

「ブオン!ブオン!」 「ギャー!」 「キャー!」

二人乗りでの後ろに乗っている女の子の叫び声・・・。

(利根川はボートの練習とかしてるし、しょうがないか・・・)

(向こう岸の魚が、こっち岸に来るだろうから良いんかな?)

 

いろいろ考えながら、車に入りあたりを待つ・・・。

 

(鳥のさえづり聞きながら、当たりの鈴の音を待つどころではない・・・ブオンブオン、キャーキャーうるさい・・・。

川の真中より向こうだけでやっていたのが、だんだんこっちまでくるようになる・・・それでなくても波が立ち、海辺のよう。

 

もう耐えられなく退散、利根川を上って行きました。

太田、大泉辺りで条件に合った場所があり、竿を3本だしました。

利根川に流れ込む一歩手前の川(何川でしょ?)です。  ・・・ただ、条件良くても、雰囲気がよろしくない(笑)。

その釣り場の雰囲気も条件の一つにしましょう・・・。

 

雰囲気はさっきのジェットスキーの所よりはましでした。    で、釣れませんでした(笑)。

 

釣りの写しん〜へ戻る