みなかみ ”木の根沢川〜宝川〜湯檜曽川

 2010-08-01

渓流釣り場ガイド 2010〜2011版を買った。

はるっぴの持っているガイドは ”僕たちの渓流フィールド ”の ”栃木 群馬 新潟”

と、”山形 宮城 福島” 版。

この2冊をもって出かける。 ・・・ただ、2005/2006年版と少し古いガイド。

だからと言って、入渓ポイントとか注目ポイントとかを細かく見ているわけではなく(笑)、どこにどんな川が

あるかと、どの道を行けばその川があるかが分かれば良い程度。

あ、入渓ポイントは大体の目安にするかな?

 

気になる川、”木の根沢川” に行ってみよう。

みなかみICを降りて、湯檜曽川に向かう途中を右に曲がって、ずっと行った辺りの川。

本当は土曜日の明け方、4時5時から釣り始めるの朝マヅメ狙いがベストだけど、それを外したら

土曜の夕方4時5時からの夕方、夕マヅメ狙い。

で、一晩どっかで夜を明かして朝マヅメで昼までやって帰る。

・・・も外したら日曜の朝マヅメからなんだけど、それも外した朝10時の出発。

(いいや、今日は偵察。竿を出せそうなら夕方からやってみよう) 程度の感じでウチを出た。

 

で、・・・・・・・ なんだか道から川がずっと見える・・・しかも川には木が覆いかぶさっている・・・。

何か所が入渓している車がある所は開けていて釣り人も見える。

(駄目だ、釣りしたい気にならない)

木の根沢川の上流辺りにある ”奈良俣ダム” の写真。

もっと川の写真も撮ればよかったなぁ。

・・・

ここで車を止め、ガイド本を開く。

(少し みなかみICの方に戻った辺りに ”宝川”ってのがある・・・行ってみようか)

 

で、宝川。

ガイド本では ”宝川温泉” を通るとなっている。

(この道を入ると宝川温泉か。 らーめん屋さんがあるから食べよう。)

・・・「みそらーめんください」

好みでは無かった、ごちそうさま。

 

さて、宝川温泉方面に向かうと、もう宝川温泉に入る感じになってしまった。

「は〜い、お車こっちに止めてくださ〜い」

と2人ほど誘導している。

車の窓を開け、

「違うんで戻ります・・・」と言って、さっきのらーめん屋さんトコまで戻る。

(間違って無いよな・・・ただ、この道を行くと、また「お車こっちで〜す」って誘導されてしまう。

もう一回行ってみよう。

今度はガイド本をすぐ見せられるようにし、

「お車こっちで〜す」の人にすぐ見せる。

「う〜ん・・・そうですね、この先行けるように書いてありますね・・・。 通行止めですけど、

入れるかもしれないんで、行ってみてはどうでしょう?」

はるっぴの印象・・・(とても親切)でした。

 

行ってみると、みちは砂利道になっていて、「一般車両通行止め 落石注意」

と書いてあり、あきらめ戻る。

(ガイド本では行けるようになってるのに・・・)

「行けませんでした・・・。」

「そーですか、お気をつけてー」

なんだかこの温泉、人が多い。 親切だったし今度予約してみようかな。

 

さあどうしよう。

もう3時半位、近くの湯檜曽川に行こう。

で、あの暗くて怖いトンネルの手前から始めました。

釣果もなし、反応もありませんでした。

上流側から凄い風が吹いていて、フライが思うように飛ばなかったけど、

良い練習になったかなでした。

 

釣りの写しん〜へ戻る