群馬 宝川

 2010-08-21〜22

土曜の休み確定、午前中は爆睡・・・ その午後、

(釣りに行こうか)・・・そんな元気も予定も無かったはずが・・・ しかももう夕方。

 

宝川温泉の駐車場で引き返してきてしまったけど、その先行けるという事が分かった為、

その先に行ってみようと思った。

 

もう夕方5時6時位だったろうか、またnew釣り車で高速道をテケテケ走り、みなかみICで降りる。

 

沢山出ている宿の看板からひとつを選んで向かい、「空いてますか?」と聞くと

「今日は団体さんの貸し切りでねぇ〜」

「沢山宿ありますけど、ドコなら入れそうですかね?」

「大沢荘はどうかなぁ」

で、行ってみる。

「ごはんは食べた?いらない?じゃ、素泊まりで5千円ほどもらおうかなぁ。ん?朝4時に出る?

じゃあ、おにぎり作っておくからもって行きな。」

そこの離れの部屋を用意してもらい泊まる。

その夜は河原で花火大会があり、明日は恒例のマラソン大会があるらしい。

早めの晩酌、花火の 「どーん!」を聞きながら、竿にラインを通し、毛バリまでセットし準備をして寝た。

朝4時、おにぎりが置いてあった。(感激す)大沢荘を出る。

宝川温泉の駐車場を抜け、「ここからは落石〜一般車両は〜」の看板を今度は無視し、

前回あきらめて引き返した、舗装されていない林道をガタガタ走った。

「ここからは入れません」 のゲートがあったので車を置くことにする。

すでに車が3台ほど止まっていたけど、しょうがない・・・入る事にする(かなり早い時間に来たのに・・・。)

ちょーど上の写真の車の右側から川に入る事が出来て、釣り始める。

うーん、いい感じと思った。

・・・けど、なんの反応も無い。

でも、景色は良い。

でも途中、温泉かな?と思うような石 ↓・・・。

で、しばらく行くとまっ平らな渓相。

きれいだけど・・・↓

なんか、魚いなそう・・・。

でっかい石が立ちはだかる。

横から撮った↑。

また、きれいな景色。

しかして、一人歩ける位の林道があるのかなとキョロキョロする(知らない川ならなおさら、

退避出来る場所があるかはいつも探している)。・・・そんな時、

何? あのショベルカー・・・。

って事は道があるって事?

1回2回反応があったきりで、全然でした・・・退散。

退散した所から川を見たところ。・・・林道があった・・・助かった〜。

なんだか車でも入れそうな林道・・・でも自分が車停めた所まで続いているのか・・・

少し不安で歩いていると、向こうから人が・・・。

はるっぴは声をかけた。

「この道、づっと川沿いですかね?」

「そうだよ、車かい? ドコナンバー?

「熊谷です」

どうやら、自分の車を置いているところまでつながっているらしい事を聞き、ほっとする。

なんだかんだ話をしていると、この方たちは源流に毛バリ釣りに行くという。

はるっぴはとても興味があり、いろいろ聞く。

「車横付けで入れる川は釣れないよ、登山しないと・・・やっぱりみんながイヤがる歩きをしないと。」

はるっぴは、なんて沢にどーやって行くのか何度も聞いてしまった。

「この林道が終わった頃、右に上がる登山道を1時間位登るとある ???沢に行ってみようと思ってるんだ」

とても親切やわらかに説明をしてくれて、感謝感謝でした。

「写真撮らせてもらって良いですか?」

これは登山の格好らしく、川に行ったら着替えるそうです。

「毛バリを見せてもらえますか?」

(えー、恥ずかしい・・・)なんでしょう、恥ずかしいんです。

「じゃあ、お互いに」

で、見せ合いました。・・・「おー・・・綺麗っすね」

もちろん、はるっぴの毛バリはすぐしまいました(笑)。

「これあげるよ、アントの足付きと足無し」

(うーん、もったいなくて使えないなぁ、飾っておこう♪)

はるっぴのホームページに載せて良いとの了解を得たら、

「うちらもホームページ出しているよ」

との事。 「山岳同人 カルパッチョ」 というホームページらしい。

 

「それじゃ気をつけて」とお別れしました。

忘れてはいけないと思い、”はじめてのお使い” のように

「山岳同人 カルパッチョ・・・山岳同人 カルパッチョ・・・」と

口づさみながら林道を歩いて帰りました。

 

 

釣りの写しん〜へ戻る