BIDEO ボード

”GOYA” というメーカー。

くーさんも知らないって言ってました・・・もちろん

自分も知らない・・・。

i740チップ(INTEL 740)仕様は、その頃一番新しい

チップセットだったらしく、他のは値段が高かったんで、

手ごろなコレを買いました。・・・これがまた(泣)・・・。

 

 

仕様は・・・すべて英語なんで、分かるとこだけです。

 

 仕様

 AGP 2X i740 グラフィクス 2D / 3D ビデオアクセラレーター

・ Windows 95 / 98 / NT 4.0 用

・ 8 MB SGRAM 

 

 気づいた点

※ 自分のマザーボード(XA100)のチップセットは、”アラジン 5”。

  ・・・取り付けました・・・で、画面が出ました・・・うん、オッケーだな、

  と思いました。

  さて、画面の設定をしようかな・・・640 X 480 じゃ大きいし・・・。

  あれ? 16色以上にならない・・・ 解像度も 640 X 480 以上

  にならない!! あれ?・・・あれ?・・・(汗)。

  たしか、コレを買う時に 「マザーボードは ”XA100” なんですけど

  大丈夫ですかね?」との自分の問いに店の人は、「動作の確認は

  私個人で確認して、大丈夫でしたよ」って言ってたし・・・。

  ・・・自分の設定がイケナイんだろうと思い、ドライバーを入れ直したり

  設定を変えてみたりしましたが、どうしてもダメでした。

  ・・・くーさんに泣きつきました・・・。

  「16色以上にならないし、解像度も一番低いままなんです(泣泣泣)。

  「そんな、無名なメーカーのボードなんか買うからだよ」って言われ、

  ヘコミにヘコんだ毎日を過ごしていました・・・。

 

  分かったよ、原因が!!

 

  くーさんが、

  「なんか、相性悪いみたいだな、アラジン 5 と i740 のチップセットが・・・」

  って言って、雑誌で特集になっていた、「i740チップセットを使おう!」とかいう

  雑誌をもってきてくれました!

  内容を読み、「やった、コレでだいじぶ!」 。

  なんせ、設定方法がステップ1から始まり、ステップ5、6、まであり、それでも

  だめならっていう設定まで、詳しく書いてありました。

 

 

  ステップ1から始め・・・・2・・・だめ。3・・・だめ。4・・・だめ。5・・・だめ。6・・・だめ。

  ”それでもだめなら” の設定方法をやる!・・・・・・だめ!!!

  「もういい!! モニターも買うし(?)BIDEOボードも i740 チップセットじゃなく、

  違うヤツ・・・もっと値段の高いヤツ買っちゃうゾ!・・・」と、決めました(泣)。 

  ・・・でも、くーさんがチップセットの相性っていう雑誌持って無かったら、

  原因も分からず、また同じ ”i740” のチップセットの値段の高いヤツ買って、

  原因が分からないまま・・・悩んでしまってたかもしれない・・・。

  おーーーコワッ!

  ・・・そんなレベルなんです・・・(泣)。 

  

戻る