BIDEO ボード

INTEL i740チップセットで、大変な思いをし、「買ってしまえ!」と

高速道路をとばして買ってきたのが、コレなんです (AGP版)。

性能

・ 16MB SGRAM (PCI版は、SDRAM)

・ Voodoo Bansheeチップセット

・ 128bit 2Dグラフィックスエンジン

  3Dfx Interactive製 Voodoo 2 - 3Dゲームエンジン

・ 250MB DAC

 

添付ソフトウェア

・ Colorific(英語版)

  視覚とモニターの特性をテストして、モニター、

  プリンター、ブラウザの正確なカラーマッチングを

  調整できるソフト。

・ 3DEEP (英語版)

  3Dゲームの完全なイメージに、正確なガンマ値を

  設定できるソフト。

 

必要なシステム

・ Pentium U DOS/V

    PCI版の場合は、Pentium 133MHz以上

  (3Dのゲームを使う時、保証出来ないらしい)

・ INTEL440 LX 以降のチップセット搭載のマザー

  ボードが必須。

  INTEL互換のチップセットはサポート対象外。

  (自分のは、”アラジン 5” チップだった

  んで、少し買うときドキドキした)

 

 気づいた点

※ Colorificが英語版で分かりづらく、設定しにくかった。

※ 16色しか出ない問題は無くなったけど、リンクする文字

   にカーソルをもっていくと、カーソルが画面の上の方に

   とんでしまい、リンクしたくても出来ない状態だった。

   後になって、ホームページで ”プログラムの修正

   カーソルが飛ぶ件” というのを見つけ、さっそく

   ダウンロードして、ヴァージョンアップした。

戻る