埼玉トホホ会 2000

オフラインで見てね(推奨)

 

5/28 CPU挿したら ”パチン!”・・・ムダな買い物

 

1号機の BIOS の書き換えを2度ほど行い、pentium 3  750 MH 100 までか、

pentium 3 733 MH 133 までのCPUに対応出来るようになってきた今、pentium セレロ

ン366MH をやめ、せめて pentium 3 600 MH 100 位のCPUを買って付けたいなと思っ

ていたのでした。

 

ある日、近所に ”マツモトデンキ” が ”リニューアルオープン” し、くーさんと行って

買ってしまいました・・・pentium 3 667 MH 133(¥29'800) を。

pentium 3 600 MH 100 (\31'800)より安かった。

くーさん店員を呼び(初めて見た)、「なんで、コッチよか安いの?」と。

したら店員は、

133は人気無くて(不安定)、価格の逆転が起きているみたいなんです」・・・と。

 

家に帰ってもすぐには取り付けませんでした。

「さて、いつ付け替えをしようか・・・」一番楽しい時期(?)。

 

よし、今日付け替えよう・・・が、悪夢の前日 5/27。

 

風呂に入ってサッパリして(?)・・・さてと、セレロン366もご苦労さん!って感じで

ウキウキしながら、もちろんコンセントはちゃんと抜いて 差し替え・・・再起動・・・。

おおおっ!! 速い速い・・・366から667は違う・・・満足!

安心して寝ました  zzzzzzzzzz。

 

悪夢の日・・・5/28 。

さて、パソコンに電源投入! ・・・もうセレロン366じゃないpentium 3の667MHの133

・・・カッパーマインだぞ!¥29’800だぞ!速いぞ!って意気込みでパソコンを立ち上げる。

んで、アイコンが並び終わる。

・・・マウスをちっと動かす(ポインタが少し動く)・・・あれ?

固まる! ・・・だめだ・・・おかしいな? よし再起動。

アイコンが並ぶ・・・マウスをちっと動かす(ポインタが少し動く)・・・固まった!!

それを何度も繰り返すが同じ・・・。

コンセントを抜き、CPUの抜き差しをする(接触悪いんかな?)

結果は何度も同じ状態・・・。少し半泣き状態・・・何で何で?(情け無い)。

・・・133を100に落として倍率を上げてみたり、133のまま倍率を下げてみたり・・・。

なんとか 667MH に近づけようと、掛け算を沢山した(100×は固定して、倍率だけ

いじれば良かった・・・今から思えば)。

だんだんこのCPUはハズレなんかな?って思いだしてきた。

「待てよ・・・セレロン366に差し替えても固まったりするのかな?」

・・・セレロン366に差し替えて何度再起動しても正常動作・・・問題ないなぁ。

・・・せっかく667買ったんだし、500でも600にでも落とした設定で667を使おう・・・366よりは

速いんだから、667って数字はあきらめようと思い、もう一度667に近づけるような

安定する設定をしてみようと思い、セレロン366を抜き667を挿した時、

「パチンッ!」。

手に ”電気の感触&光” がした。「あっ!」・・・コンセントを抜かずCPUを差し替えてしまった!!

ヤバイ・・・壊したかな? って思い電源を入れると案の定、画面に何も映らない・・・。

どんな風に立ち上げようとしても画面は真っ暗・・・。「・・・さっきのパチンだぁぁぁ・・・」。

667のCPUとマザーボードが壊れたとしても、セレロン366は無事だから必要なのは 

マザーボード”だと思い、財布を確かめた・・・「1万7、8千はあるから買えるぞ」と、

夜11:00までやっている ”ノジマ入間店” に高速を飛ばし、買いに行った。

店に着き、マザーボードの棚にまっしぐら・・・”133MH対応、カッパーマイン対応!”

・・・これだ!これ!!と一番上に積んであるのは ”ヤ” だから(?)真ん中辺の箱

をつかみ、¥14’800+消費税を払いおウチにまっしぐら。

 

家に着き、息つく間もとらず箱を開けてしばらく説明書を読んだ・・・。

壊したマザーボードも買って来たマザーボードも、CPUを挿せば自動認識して

適当な周波数、クロック、倍率を決めて立ち上げてくれる。

そんな説明書の文を読みながら(そんなの知ってるよぅ)そのあとの文を読むと、

”クロックアップなどをし、立ち上がらなくなった時はジャンパーピンを

ショートさせ、デフォルトに戻す事が出来ます” を読んだ時、

「確か、壊れたこのマザーもそんな機能あるのかな?・・・メーカー一緒だし」

・・・壊れたマザーボードの説明書を引っ張り出し、読み返した。

「CMOSのデフォルト」・・・コレかな?・・・ ”ピンをショートさせて・・・ ” 

うん・・・似てるな・・・壊れてるついでにやってみよう!

・・・マザーボードにきている電源コネクタを抜き、ジャンパーピンをショートしてっと・・・。

電源コネクタを挿して・・・んーーーと。

667を挿すのはやめて、366を挿してみた・・・・スイッチをオン!・・・すると・・・。

キチンと立ち上がる! 画面も出る! 動きにも問題無い!

266MHで立ち上がったものの、再起動かけると366を認識し正常動作!

・・・あれれ?? って事は壊れてなかったんだ!

・・・もういいや・・・667は壊れたかもしれないけど、さっき買ったマザーボード

は必要無いじゃあないか!・・・イラナイ基盤が増え、667のCPUも壊れたんだか

無事なのか・・・。

マザーボードの箱を空け、説明書を読んだだけで箱に戻して部屋のすみに

かざるだけになりました・・・おまけにCPUも箱に入れ、かざりになった。

CPU667\29’800マザーボード¥14’800・・・計44’600+消費税がムダになったの

でした。

埼玉トホホ会 2000へ